1月5日小寒

本日より営業開始です。お正月で疲れは取れましたでしょうか?楽しい初夢は見られたでしょうか?

睦月のおしながき更新しました。

1515052868777_1-1331627832.jpg

暦の上では小寒、一段と寒さも増してきました。身の引き締まる寒さですが、もうすこしお正月気分でのんびり杯をすすめておくつろぎいただければと思います。

広告

元旦

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。本年もご贔屓にどうぞよろしくお願いいたします。

1514779590659_1129255013.jpg

旧年中は皆さまには本当にお世話になりま
2018年が皆さまにとって素晴らしい年となりますように。
皆さまの平和と健康をお祈りいたします。しめ縄は手作りです。酉のつもりがどうも馬っぽいのは顔と足が長すぎたせいかと思われますがそれもご愛嬌ということで。

12月22日冬至

一年で昼が最も短く、夜が長い日がきました。昨年は穴八幡宮へ「一陽来復 」のお札をいただきに出かけましたが、今日はバタバタしているうちに日が暮れてしまい、近くの神社へ立ち寄ったところすでに社務所は閉まっておりました。このお札は、冬至か大晦日か節分の日に恵方に向けて祀るものなので、今年は大晦日に執り行いたいと思います。

陰陽で言えば冬至がいちばん陰、ここから陽に転じてゆく日です。寒さはまだまだここからが本番ですが、明日からは日が一日一日と長くなっていくと思うと嬉しく感じます。

12月18日おしながき更新

おしながき更新しました。

春霞 、まんさくの花、奥能登の白菊がおわりまして、秋田県の「一白水成」、滋賀県の「七本槍」、奈良県の「みむろ杉」が入荷しました。メニューにでていないものもあったりしますので、ぜひお気軽にお好みの味など店主にご相談ください。

p_20171219_231927_1-839574191.jpg

戦国時代に武功を挙げた7人の家臣を賞賛して七本槍と呼んだようです。一白水成は占いで言うところの一白水星なのでしょうか。お酒のネーミングにもどんな思いが込められているのか気になります。ちなみに店主は九紫火星です。

いよいよ12月もあと10日あまり。今週12月23・24日は連休を頂きます。

12月8日紅葉落葉

昨日は暦の上で大雪(たいせつ)でした。

七十二候の初候では閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる)。冬至に向けてまだまだ昼が短くなりますが、寒さが増すごとに木々は色づき、冬のやわらかい日差しに舞い散る枯れ葉を踏みしめると、童謡「たきび」を思い出します。

♪かきねの かきねの 曲がり角、たきびだ、たきびだ、落ち葉たき….

御苑の銀杏.jpg子供の頃は枯れ葉を集めて一斗缶でたき火をしてお芋を焼いたりしたものですが、いまでは野外焼却は法律違反。世知辛い世の中です。

12月4日木綿

今日は今年地球に最も近い満月、スーパームーンでした。あいにくのお天気でみられずじまいでしたが、ただいまO84にはまんまるな綿花が飾られています。クリスマスも近い感じがしてきました。

Jpeg

現代では綿というと木綿=コットンですが、昔は綿というと蚕の繭から作られた真綿のことを綿と呼んでいました。生糸にはできない品質の繭から引き伸ばして作られた綿はとても丈夫で軽くあたたかいものなのです。

真綿で首を絞めるというちょっと怖いことわざがありますが、それは綿花ではなく、繭から作られた綿のことなのです。

 

12月1日師走

今日からいよいよ師走。寒さがだんだんと厳しく、また年末年始にむけて気忙しくなってきますが、年内も残すところあと1ヶ月。やり残すことがないように過ごしていきたいです。

おしながき更新しました。日本酒は澤の花が終わり、山形の「羽陽一献 ひやおろし」入荷しました。冷やでも燗でもお楽しみいただけるお酒、ぜひ一献酌み交わしていただければと思います。

羽陽一献.jpg

 

 

11月30日三の酉

小雨がぱらつく寒い日となりましたがいよいよ11月も今日でおしまい。酉の市へ四谷須賀神社へ行ってきました。

2016年の記録的ヒットアニメ映画『君の名は。』のラストシーンの坂道のモデルで有名になったあの神社です。

Jpeg

新宿 花園神社の酉の市とはうってかわって静かな境内です。

Jpeg神社で授与している「熊手守り」と切山椒をいただいてきました。

11月22日小雪

暦の上では小雪(しょうせつ)となりました。どんどん冬の季節の深まりが増してきました。日の入りも早くなってきて開店の5時はだいぶ暗くなってきましたが、冬至になればまた日も長くなっていくと思えば来週はもう師走。夜が長くなるのもあとひと月、せっかくの夜長をじっくりと過ごしていきたいものです。

明日23日は勤労感謝の日でお休みをいただきます。またのご来店、ご予約お待ちしております。

p_20171120_224539_1767802486.jpg

千日紅。赤いところは苞と呼ばれるつぼみを包む葉なんだそうです。

p_20171122_233655_df-790481588.jpg

赤いなかに白くて小さな花がいっぱい咲き始めました。ちなみに百日紅はさるすべり。