11月17日瓢箪から駒

11月の第3木曜はO84でもボジョレー解禁しました。入荷したワインはすでに完売いたしました。また来年のご予約をお待ちしております。

おしながき更新しました。

日本酒は喜楽長、蒼空、みむろ杉、紀戸がおわり、秋田の「まんさくの花」、山形の「磐城壽」「山形正宗1898」、山口の「貴 ふかまり」 が入荷しました。

Jpeg

山形正宗1898は瓢箪のラベル。裏側も洒落たデザインです。ぜひご注文のときにご確認ください。透明感のある日本酒はフルートグラスにも合いますね。でも普段はグラスかお銚子でのご提供となりますので悪しからず。

今晩はだいぶ冷え込みそうですが、本日の営業が終わりましたら、花園神社の二の酉 前夜祭に行って参ります。瓢箪から駒みたいな思いもかけないような福を熊手で掻き込みたいと思います。

 

 

 

広告

10月26日鹿毛

おしながき更新しました。

日本酒はあら玉、まんさくの花、喜楽長 ひやおろしが終わり、秋田の「春霞 栗ラベル」、長野の「澤の花 満ち月」、滋賀の「喜楽長 夢銀河」が入荷しました。

それから麦焼酎「青鹿毛(あおかげ)」が仲間入りしました。べいすんと同じ酒蔵ですが、こちらも麦の香りとコクのある味わいがしっかりとしていてロックで呑むのもオススメです。

Jpeg

鹿毛とはその名の通り 馬の毛色のことで、青鹿毛は全身黒い毛の馬のことで黒鹿毛とも呼ばれるそうです。黒い色の中に青をみいだすというのも日本の色彩感覚ならではだなと思います。

10月17日くじら

ここ数日の冷え込みでぐっとお燗が美味しい季節に。お酒は群馬泉が終わり、京都の「蒼空 ひやおろし」が入荷いたしました。

芋焼酎、つるし八千代伝からくじらの新焼酎に変わりました。

p_20171016_234507_1-1097380795.jpg日本酒は新酒ですが、焼酎は新焼酎という呼び名になるんですね。お湯割りも美味しい芋焼酎です。

10月13日三諸杉

おしながき更新しました。

日本酒は鳳凰美田、船中八策が終わり、愛知の「長珍 PINKラベル」と和歌山の「みむろ杉 ひやおろし」が入荷しました。

 

みむろ杉はO84で通年置いているのですが、お酒の神様が鎮まる奈良・三輪のお酒なのです。いずれ、彼の地に足を運び、お酒の神様とお酒を酌み交わす機会をつくれればと思っています。

10月2日神無月

10月神無月のおしながき更新いたしました。

日本酒は春霞、ゆきの美人、会津中将が終わり、喜楽長はひやおろしに変わり、秋田「まんさくの花」、新潟「村佑」、石川「奥能登の白菊」、和歌山「紀戸KID」が入荷しました。

神無月は八百万の神様が、出雲へ出かけてしまうので神が無の月という説があります。逆に出雲は神様で賑わっているので神在月と呼んだり。
日本中の神様がいない間、お留守番をしている神様もいらっしゃいます。代表格は恵比寿様。10月はゑびす講と呼ばれるおまつりが開催される社寺もあります。

O84の生ビールはヱビスマイスター。いつもお店でお留守番してくれているのかも知れません。

9月14日みずのむかご

蟒蛇草(うわばみそう)=みずです。むかごは 晩夏から秋に葉の根元がぷっくりとした珠芽こと。山菜の王様とも呼ばれています。
写真は茹でる前です。調理後、どんな変化するか、ぜひO84でお確かめにいらしてください。

みずのむかご.jpg

芋焼酎はさつま黒から「つるし八千代伝 紅はるか」に変わりました。

9月13日続々ひやおろし

おしながき更新いたしました。

白瀑、刈穂、加茂錦、奥能登の白菊、澤屋まつもと、紀戸に変わりまして、山形の「あら玉 秋あがり」、秋田の「春霞 ひやおろし」「ゆきの美人 ひやおろし」、福島の「会津中将」、栃木「鳳凰美田 ひやおろし」高知「船中八策 黒 」が入荷しております。

熟成して旨味が増した秋のお酒「秋あがり」と「ひやおろし」の違いですが、厳密には違うというわけではありません。新酒の火入れを一度おこない、春夏の間熟成させ二度目の火入れを入れる前のお酒の状態を「秋上がり」といい、出荷されるお酒のことを「ひやおろし」と呼びます。お酒の熟成がうまく出来なかった状態は「秋落ち」となります。

9月WEBメニュー0913

9月1日二百十日

長月朔日。今日は風の強い日や台風のくるといわれる二百十日。立春からもうそんなに日がたつのだなと驚きます。昨日からはすっかり風がかわりました。夏至の頃(6月21日)から比べると日が暮れるのもだんだんと早くなってきたことにくわえてこの涼しさ、例年ですと残暑厳しい季節ですが、夜長月と呼ぶにふさわしい気候に思えます。

おしながき更新いたしました。

日本酒は仙禽 Senkin’s are all right、磐城壽、みむろ杉に変わりまして、秋田の「春霞」、新潟の「加茂錦 荷札酒」、京都の「澤屋まつもと 守破離(しゅはり)」が入荷しております。

Jpeg

守破離とは「型を守る、型を破る、型から離れる」こと。様式化された流儀を継承しつつ、新たな流派を生んでいくことは茶道、華道、武道、舞踊や日本画などの数々の芸道、そして日本酒を造ることなども、この精神がなくては日本文化の継承はできないことですし、和食文化にもやはり通じる道だと思います。

8月23日処暑

暦の上では処暑。暑さもひと段落する日かと思いきや今日は朝から強い日差しが照りつけるひさしぶりの猛暑。暑さ対策と水分補給、しっかりしてください。

さておしながき更新いたしました。

お酒は滋賀の「喜楽長」と栃木の「仙禽 Senkin’s are all right」が入荷しました。

Jpeg

なかなか目を惹くラベル、イギリスで生まれたモッズ・ムーブメントのロゴが描かれてます。イギリスの3大ロックバンド、BeatlesもRollingStonesもモッズファッションだったり、The Whoもバンドのロゴにこのマークを使用していたことを思い出します。細身のスーツやミリタリーファッションで決めてグラスを傾けてみたくなるようなお酒です。

8月16日おしながき

おしながき更新いたしました。

先日、能登で仕入れてきた食材は「ほぼ日替わりおしながき」でご用意しております。恐れ入りますが詳細はお店でご確認ください。

日本酒は秋田の「白瀑 ど辛」が入荷荷しました。また和リキュールに和歌山の「じゃばら酒」が仲間入りしました。じゃばらはミカン属の柑橘類の一種で、邪を祓うことからじゃならと名付けられたのだとか。以前、和歌山を旅したとき花粉症によいとじゃばら飴をすすめられましたが、お酒も効き目があるでしょうか。ぜひお試しください。