6月2日衣更

おしながき更新しました。

子持ちししゃもや白瓜のレモン酢漬けがレギュラー入り。日替わりメニューも今日はかつをのたたき、炙り〆鯖、北寄貝のバター醤油焼き、鮎の煮浸し、親もずく酢、焼き茄子とろろ、万願寺唐辛子焼きなど13品ほどございます。だんだん夏らしさを感じます。

水無月は衣更えの季節。制服は夏服に、着物は裏地のある袷(あわせ)から単衣(ひとえ)に。ふと主婦の友社の創刊100年記念で発行された「きもの宝典」に載っていた山崎豊子さんのエッセイで大阪・船場あたりの話で更衣のしきたりを間違えたばかりに離縁されてしまった奥様がいたという話を思い出しました。

だらしないと人に笑われると言いますが、しきたりとは言え、離縁とはかなり厳しいです。料理で例えれば旬をきちんと守ることですから、やはり衣更もおろそかにしないようにせねば、です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中