8月15日藪入り

関東ですとお盆と言えば 新暦の7月ですが、旧暦の7月15日は8月のほうがお盆らしく感じます。(旧暦のお盆は今年は9月5日にあたります)

「盆と正月が一緒に来たような」という表現が、とても忙しいときの例えに使われますが、うれしいこと、吉事の重なることにも用います。江戸時代、住み込みで働く奉公人の「藪入り」が 1月と 7月。このお休みには実家に帰ることがゆるされたのです。お休みは年にこの二日間しかないのですから、とても嬉しいことに違いないでしょう。勤勉な気質の日本人はこうやってじっくりと培われてきたのかも知れません。

1502809134028_1

七十二候では寒蝉鳴(ひぐらしなく)。能登での夕暮れでカナカナカナと鳴く声を聞きました。夏の終わりも近づいているのを感じます。なお能登の食材は限りがございますのでぜひ足をお運びいただければと存じます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中