6月16日茅の輪くぐり

6月は1年のちょうど半分。上半期の大晦日にあたる6月30日は夏越祓(なごしのはらえ)で半年分のたまった罪や穢れを祓い、暮れまでの無病息災を祈ります。

6月にはいるといろいろな寺社で茅の輪(ちのわ)やお祓いの紙の人形(ひとがた)などが置かれています。この輪は本来は茅(ちがや)というススキに似た葉で作られるのですが、古くは日本神話でスサノオノミコトと蘇民将来の話から来ていて、疫病を祓うのに使われてきたものです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

近所で茅の輪くぐりをしてきました。ここは茅ではなくワラに緑のキレが巻き付けられてました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中